Product: 
ccc6

Time Capsuleやその他のネットワークストレージアプリケーションは“個人用クラウド”ストレージ共有を提供することで、大変人気があります。当然、このストレージはバックアップのコピー先として魅力的に映ります。ケーブル接続なしですべてをバックアップできるという考えに心を奪われそうになるでしょう。“利便性”と“速さ”は通常相伴うものですが、ネットワークボリュームへのバックアップに関しては必ずしも当てはまるものではありません。バックアップのパフォーマンスを劇的に低下させる要因が複数ある中で、このバックアップ方法はその要因のいくつかに出くわすことがあります。

データをネットワークボリュームにバックアップするには

先に進む前に、お使いのNASボリュームをFinderにマウントしてアクセスできるようにしてください。ネットワークボリュームへのアクセス権を得るための手順は、macOSヘルプセンターから利用できます。ネットワークボリュームがCCCのソースまたはコピー先メニューに表示されない場合、アクセスしたいストレージデバイスに添付されたドキュメントを参照するか、Finderのヘルプメニューから“macOSヘルプ”を選択し、“サーバに接続する”を検索してください。

CCCを使ってフォルダをNASボリュームにバックアップするには:

  1. ソースセレクタからフォルダを選択を選択します。
  2. バックアップしたいフォルダをソースとして選択します。
  3. コピー先セレクタからフォルダを選択を選択してください。
  4. NASボリュームに移動してから、新規フォルダをクリックしてこのボリュームに新規フォルダを作成してください。“CCCバックアップ”などと名前を付けてください。“OK”ボタンをクリックしてください。
  5. 開始ボタンをクリックしてすぐにタスクを実行するか、または後でタスクを実行するようスケジュールしてください。

注意:起動ディスク全体をソースとしてNASボリュームにバックアップするタスクに選択すると、CCCはシステムに関連するコンテンツをすべて自動的に除外します。一般的に、NASにバックアップする際には、特定のフォルダをCCCのソースセレクタにドラッグして、タスクの範囲を狭めることをお勧めします。

関連ドキュメント

Tags: