Product: 
ccc6

設定アシスタントまたは移行アシスタントを使用して、CCCのバックアップから新しいMacにデータを移行する

Appleから新しいコンピュータを購入すると、特定のバージョンのmacOSがインストールされていて、さらにハードウェア固有の“ビルド”がインストールされています。新しいMacは、古いMacにインストールされている古いバージョンのmacOSとビルドから起動できないため、単純に古いMacのバックアップを新しいMacに復元してもうまくいきません。設定アシスタントアプリケーション(Macが一番最初に起動する時に実行されます)を使用するか、古いMacから新しいMacにコンテンツを移行できる“移行アシスタント”アプリケーションを使用することをお勧めします。古いMacのCCCのバックアップから直接移行することができます。設定アシスタントまはた移行アシスタントを使ってユーザアカウントとアプリケーションの移行が完了したら、古いMacで使用していた同じバックアップボリュームにMacをバックアップして、CCCを使用し続けることができます。

移行アシスタントとCCC SafetyNet

バックアップボリュームに“_CCC SafetyNet”フォルダがある場合、移行アシスタントを使用する前にそのフォルダをゴミ箱に移動して、移行中そのフォルダがコピーされないようにできます。これは、そのフォルダの中に多くのデータがあり、バックアップボリュームよりも小さいディスクに移行している場合、特に重要です。バックアップボリュームにSafetyNetフォルダを保持したい場合、ゴミ箱を空にしないでください。移行アシスタントが完了すると、SafetyNetフォルダをバックアップボリュームのルートに戻すことができます。

関連ドキュメント

データを新しいMacに移行した後...

Appleの“移行アシスタント”を使ってデータを移行したら、いくつか片付けておくことがあります。多くのソフトウェア会社は、著作権侵害を軽減するために、それがインストールされているディスクまたはMacに登録を紐づけていますので、アプリケーションによっては再登録が必要なものもあります。データの保存場所を再度選択する必要があるアプリケーションもあります。以下では弊社がこれまで見てきた、アプリケーション固有の問題をご紹介します:アプリケーションが異なる動作をしたり、バックアップから復元した後シリアル番号を要求するのは、なぜですか?

また、CCCがバックアップタスクを新しいMacで動作させるためにも少し注意が必要です。タスクを新しいMacに移行する場合、CCCはバックアップタスクがエラーで実行されるのを防ぐためにバックアップタスクを中断します。CCCを開いてそれぞれのタスクを選択し、要求されたらタスクをアクティベートしてください。古いMacからボリュームを参照するすべてのタスクは、新しいボリュームを参照できるようにアップデートされる必要があります。たとえボリューム名が同じでもです。例えば、ソースが古いコンピュータで“Macintosh HD”で、新しいMacでも“Macintosh HD”の場合、新しいMacintosh HDボリュームを参照するためにソースをリセットする必要があります。ソースセレクタをクリックして別のソースを選択するためのオプションを選んでから、正しいソースボリュームを選択してください。

ソースセレクタをクリックして別のソースを選択するためのオプションを選ぶ
新しいソースを選択

データが新しいMacに移行されたことが確実であれば、古いMacを消去してから、手放すことができます。この件に関するAppleのアドバイスは以下からご覧ください:Apple Kbase #HT201065:Macを売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと

Tags: