高度な使用例

Downgrading an APFS-formatted Fusion volume from Mojave

Product: 
ccc5

If you upgraded your Mac to macOS Mojave and have decided to downgrade for one reason or another, the procedure is usually pretty straightforward. Fusion volumes, however, introduce a complication. Upon upgrading to Mojave, a Fusion volume will be converted from HFS+ to APFS. If you want to downgrade to High Sierra (or any earlier OS), you must reformat that Fusion volume as HFS+. Because APFS Fusion volumes are not handled gracefully by High Sierra, however, the procedure is a bit tedious.

What is CCC's Privileged Helper Tool?

Product: 
ccc5

At its core, Carbon Copy Cloner is a product that is designed to make bootable backups of your Mac's operating system. In order for CCC to be able to make copies of system files, CCC needs to have the privilege of copying files that can't be read nor written by just any user – CCC requires elevated privileges to copy macOS system files. Likewise, CCC is often tasked with copying the data associated with multiple users. macOS prevents you from accessing files that belong to other users.

Limitations of online-only placeholder files

Product: 
ccc5

Some cloud storage service providers offer services that allow you to sync a local folder to "the cloud", and optionally choose to store those files only online, thus freeing up space on your hard drive. Some services that currently offer this functionality include:

FileVault暗号化で作業するには

Product: 
ccc5

CCCはFileVault保護されたボリューム (HFS+ および APFS) との使用に十分適しています。ディスクセンターで暗号化を有効にすることについてCCCからいくつかのアドバイスがあります。

macOSのインストールを含む (または今後含むであろう ) ボリュームで暗号化を有効にするには

起動可能な、暗号化されたバックアップを作成することが最終目的であれば、以下の手順を使用してください:

タスクを整理する

Product: 
ccc5

タスクを追加するには

タスクを追加するにはいくつか異なる方法があります。デフォルト設定を使って新規タスクを作成するには、タスク表から + アイコンをクリックする、CCCのファイルメニューから新規タスクをクリックする、CCCのツールバーから新規タスクをクリックする、のいずれかを使用してください。また、既存のタスクを複製することもできます。タスクリストからタスクを選択して、CCCのファイルメニューから複製を選択するか、またはタスクを右クリックして“複製”のオプションを選択してください。

前にCCCからタスクを書き出した (現在使用中のMacまたは別のMacに)場合、タスクをCCCに読み込むためにタスク設定をダブルクリックしてください。

CCC SafetyNet フォルダの自動管理

Product: 
ccc5

この記事の内容はスナップショットのサポートがAPFSフォーマットされたコピー先ボリュームで有効になっている時には関連性がありません。SafetyNetのスナップショットの保持に関する詳しい情報は スナップショットのサポートを切り替え、スナップショット保持ポリシーを設定するには を参照してください。

Carbon Copy Clonerは変更されたファイルの前のバージョンを、前のバックアップタスク以降に削除されたファイルと同様に、コピー先のルートにあるSafetyNetフォルダに移動します。このSafetyNetフォルダは、管理されないままにしておくと、いずれコピー先ボリュームのすべての空き容量を消費してしまうことになります。これを避けるために、CCCは空き容量が25GBを下回ると、それぞれのタスクの最初にSafetyNetフォルダのコンテンツを削除します。この制限は、25GBの制限が特定のソースとコピー先に少なすぎる場合、自動的に調整されます。これらの設定は、CCCのメインウインドウにある高度な設定ボタンをクリックしてカスタマイズできます。

Cloning Coach Configuration Concerns

Product: 
ccc5

CCC determines whether your destination volume will be bootable and indicates any configuration concerns in the "Cloning Coach" window. If you see a yellow warning icon in the Task Plan header, you can click on that icon to see these concerns. CCC will also present these concerns to you the first time that you configure a backup task to any particular destination volume.

Outgoing network connections made by CCC

Product: 
ccc5

If you're using an application firewall such as Little Snitch, you will see several outgoing network connections coming from CCC. We explain below what connections you should expect to see, and also explain why some connections that look unexpected are simply misreported by Little Snitch.

Ordinary activity

CCC will make external network connections for the following activity:

スケジュールしたタスクの実行条件を設定するには

Product: 
ccc5

時間を基にしたスケジュールだけでは、タスクの実行方法を正確に指定するのに不十分なことがあります。CCCには、通常タスクの実行がスケジュールされている時、特定の条件下でタスクの実行を制限する実行条件 を指定できる機能があります。

別のタスクが同じ書き込み先に書き込まれている場合、延期

同一のコピー先ボリュームに書き込む予定でスケジュールされているタスクが複数ある場合、1度に1つのタスクだけがそのボリュームに書き込めるように、他のタスクを待機させるよう設定することができます。この設定を使ってタスクを設定し、スケジュールした実行時間が経過した時、別のタスクが既に同じコピー先に書き込みを始めている場合、CCCはタスクをキューに追加し実行を延期させます。別の実行条件による妨害がない場合、最初のタスクが完了次第、CCCは延期されていたタスクを共有のコピー先ボリュームに書き込みます。

When I boot from my backup, Little Snitch reports that its rules have been replaced by a different version. Why, and how can I avoid this?

Product: 
ccc5

According to ObDev developers, it is crucial for Little Snitch to avoid unnoticed ruleset changes. Little Snitch therefore has numerous mechanisms to detect whether it is using the exact same ruleset file, as in, on the same volume and at the same physical address on that disk. This sort of mechanism makes it impossible for Little Snitch to use the ruleset on the booted backup volume without physical intervention from a user at the system (thus the dialog asking if it's OK to use the current version of rules or to use a default ruleset).