オンラインのみのプレースホルダファイルの制限

Product: 
ccc6

クラウドストレージサービスプロバイダの中には、ローカルフォルダを“クラウド”に同期して、オプションとしてそれらのファイルをオンラインのみに保管して、ハードドライブのスペースを解放できるものもあります。現在この機能を提供しているサービスには、以下のものが含まれます:

高度なスケジュールオプション

Product: 
ccc6

スケジュール作成の基準

CCCはバックアップタスクの自動化に7つの異なる基準を提供することで、いつ、どのようにバックアップタスクを実行するかを確実にコントロールできます。

このタスクをスケジュールで実行しない

自分で開始ボタンを押した時だけタスクを実行したい場合、このオプションを選択してください。スケジュールされたタスクが実行されないようにこのオプションを選択する必要はありません。ご注意ください。一時的にタスクを無効にしたい場合は、CCCのサイドバーからそのタスクを右クリックして、そのタスクを無効にするオプションを選択してください。同様に、CCCダッシュボードからすべてのタスクを中断できます。

オンラインのみのプレースホルダファイルの制限

Product: 
ccc5

クラウドストレージサービスプロバイダの中には、ローカルフォルダを“クラウド”に同期して、オプションとしてそれらのファイルをオンラインのみに保管して、ハードドライブのスペースを解放できるものもあります。現在この機能を提供しているサービスには、以下のものが含まれます:

FileVault暗号化で作業するには

Product: 
ccc6

CCCはFileVault保護されたボリューム (HFS+ および APFS) との使用に十分適しています。

macOSのインストールを含まないボリュームで暗号化を有効にするには

古い起動可能なバックアップを作成していない場合、そしてmacOSをバックアップボリュームにインストールするつもりがまったくない場合、バックアップを暗号化するためのシンプルなオプションが2つあります:

  • 新規バックアップ:バックアップボリュームをディスクユーティリティでAPFS暗号化として消去する。
  • 既存のバックアップ:Finderでボリュームを右クリックして、ボリュームを暗号化するオプションを選択する。

Finderオプション

CCC SafetyNet フォルダの自動管理

Product: 
ccc6

この記事の内容はスナップショットのサポートがAPFSフォーマットされたコピー先ボリュームで有効になっている時には関連性がありません。SafetyNetのスナップショットの保持に関する詳しい情報は スナップショットのサポートを切り替え、スナップショット保持ポリシーを設定するには を参照してください。

CCCは変更されたファイルの前のバージョンを、前のバックアップタスク以降に削除されたファイルと同様に、コピー先のルートにあるSafetyNetフォルダに移動します。このSafetyNetフォルダは、管理されないままにしておくと、いずれコピー先ボリュームのすべての空き容量を消費してしまうことになります。これを避けるために、CCCは空き容量が25GBを下回ると、それぞれのタスクの最初にSafetyNetフォルダのコンテンツを削除します。この制限は、25GBの制限が特定のソースとコピー先に少なすぎる場合、自動的に調整されます。これらの設定は、CCCのメインウインドウの一番下にある詳細設定ボタンをクリックして、カスタマイズできます。

タスクを整理する

Product: 
ccc6

ほとんどのタスク整理は次の3つのどれかから始められます。メニューバーの“タスク”メニューから、 “タスク”表のヘッダの“タスクアクション”メニュー (つまり、“タスク”の左の“丸の中に3本線”があるアイコン)から、またはCCCのサイドバーからタスク、または、タスクグループをクリック。

タスクを追加するには

タスクを追加するにはいくつか異なる方法があります。デフォルト設定を使って新規タスクを作成するには、タスク表のヘッダの“タスクアクション”メニューから新規タスクを選択する、またはCCCの“タスク”メニューから新規タスクを選択する、または、CCCのツールバーから新規タスクをクリックする、のいずれかを使用してください。また、既存のタスクを複製することもできます。タスクリストからタスクを選択し、次にCCCの“タスク”メニューから複製を選択するか、またはタスクを右クリックして“複製”のオプションを選択してください。

前にCCCからタスクを書き出した (現在使用中のMacまたは別のMacに)場合、タスクをCCCに読み込むためにタスク設定をダブルクリックしてください。

メール通知を設定するには

Product: 
ccc6

CCCからタスクの結果をメールで受け取りたい場合、まず最初にCCCのメール設定からメール送信のアカウントを設定する必要があります。

詳細設定

Product: 
ccc6

詳細設定にアクセスするには、ウインドウの一番下にある 詳細設定をクリックしてください。

詳細設定ボタン

プリフライト

詳細設定:プリフライトオプション

“プリフライト”タブで利用できる設定に関する詳細は、ドキュメントの以下の2つの箇所をご覧ください:

Outgoing network connections made by CCC

Product: 
ccc6

If you're using an application firewall such as Little Snitch, you will see several outgoing network connections coming from CCC. We explain below what connections you should expect to see, and also explain why some connections that look unexpected are simply misreported by Little Snitch.

Ordinary activity

CCC will make external network connections for the following activity:

What is CCC's Privileged Helper Tool?

Product: 
ccc6

At its core, CCC is a product that is designed to make bootable backups of your Mac's operating system. In order for CCC to be able to make copies of system files, CCC needs to have the privilege of copying files that can't be read nor written by just any user – CCC requires elevated privileges to copy macOS system files. Likewise, CCC is often tasked with copying the data associated with multiple users. macOS prevents you from accessing files that belong to other users.