CCCを使用するには

データのみのバックアップを作成および復元するには

Product: 
ccc5

データのみのバックアップはお使いのすべてのデータ、設定、およびアプリケーションの完全なバックアップです

CCCがmacOSのシステムボリュームのデータのみのバックアップを作成するよう推奨または要求するのは、ほんの一握りの場合です。AppleがmacOS Catalinaで導入したAPFSのボリュームグループについて馴染みがない場合には、以下から詳細をご覧ください:

APFSボリュームグループを動作させるには

データのみのバックアップを作成するために、CCCはそのAPFSボリュームグループ内のDataボリューム全体をコピーします。システムボリューム(その中にはmacOSインストーラによってインストールされた約12GBのみの読み出し専用のシステムファイルが含まれています)、はコピーされません。データのみのバックアップは起動可能ではありませんが、そこにmacOSをインストールすることで、バックアップを起動可能にできます。または、データのみのバックアップをソースとして移行アシスタントに使用できます。

macOSのシステムボリュームをApple Software Restoreを使ってクローンするには

Product: 
ccc5

AppleはApple製でないアプリケーションがAPFSボリュームグループ内のシステムボリュームとDataボリューム間の特別なリンクを作成できないようにする欠点をmacOS 10.15.5に導入しました。わかりやすく言うと、 macOS 10.15.5でMacの起動ディスクの起動可能な初期バックアップを作成するために独自のファイルコピー機能を使用できないと言うことです。Catalinaの起動ボリュームのクローンを作成するためのバックアップタスクをCCCに設定すると、CCCはAppleのAPFSレプリケータ (“ASR”)を使って、初期クローンを作成します。以降のバックアップでは、CCCは独自のファイルコピー機能を使い、ソースとコピー先の異なる内容のみをコピーします。

Performing a Full Volume Clone via Apple Software Restore (Beta)

Product: 
ccc5

Starting in macOS Catalina, CCC offers a Full Volume Clone method in the popup menu underneath the Source selector. This option is available when cloning an APFS volume (including encrypted APFS volumes and APFS volume groups) to a non-encrypted APFS volume. Unlike the other backup methods that use our custom-built file copier, a full volume clone leverages the "Apple Software Restore" utility that is part of macOS.

Granting Full Disk Access to CCC's helper tool

Product: 
ccc4

CCC 4 cannot access "/Library/Application Support/com.apple.TCC" on macOS Mojave

CCCとそのヘルパーツールにフルディスクアクセスを許可するには

Product: 
ccc5

APFSボリュームでスナップショットを活用する

Product: 
ccc5

このチュートリアルビデオをYouTubeで見る

スナップショットとは何ですか?

スナップショットはAppleのAPFSファイルシステムの新機能で、macOS High Sierraおよびそれ以降で利用できます。スナップショットはハードドライブ上のボリュームのある時点の状態です。スナップショットが取られると、そのスナップショット内のそれぞれのファイルは、たとえそのファイルが削除されても、スナップショットが取られた瞬間のそのままの状況でスナップショットに利用できます。CCCがAPFSフォーマットされたボリュームのスナップショットを定期的に作成するよう設定しておくと、ファイルの古いバージョンをすばやく復元できます。スナップショットとCCCの起動可能なバックアップを組み合わせることで、Macの古いバージョンのオペレーティングシステムの古いバージョンを復元することさえも可能です!

シンプルモード

Product: 
ccc5

シンプルモードを使用すると、ユーザインターフェイスの要素が軽減され、シンプルになります。サイドバー、ツールバー、スケジュールセレクタ、高度な設定はすべて非表示になり、次の3つの主要なコントロールだけが表示されます:ソース、コピー先、クローンボタン。このシンプルなインターフェイスは、あるボリュームから別のボリュームに特定の目的のためだけに基本的なクローンを必要とし、タスクのスケジュールを維持する必要のないユーザに、最適な方法と言えます。シンプルモードを使用するには、Carbon Copy Clonerのメニューから シンプルモードを選択してください。

Carbon Copy Clonerのメニューからシンプルモードを有効にする

Notes for VoiceOver users

Product: 
ccc5

CCC's main window is divided into three main sections. At the top is a toolbar, and beneath that there is a split pane divided vertically. The view on the left is called the sidebar, the view on the right holds the task configuration view. When you open CCC for the first time, the sidebar is hidden. The sidebar is automatically revealed when you add a new task.

バックアップのスケジュールを設定するには

Product: 
ccc5

このチュートリアルビデオをYouTubeで見る

タスクを設定

ソースコピー先を選択して、今すぐバックアップタスクを実行するかのようにCCCを設定します。スケジュール の下の点線で囲まれたボックスをクリックしてスケジュールオプションを表示してください。

 

タスクを設定

Appleの Recovery HDパーティションをクローンするには

Product: 
ccc5

このチュートリアルビデオをYouTubeで見る

macOSインストーラは“Recovery HD”と言う名前の起動ディスクに隠れたボリュームを作成します。Recovery HDボリュームの主な目的は、macOSを再インストールする方法を提供することです。macOSボリュームのバックアップを実行時、Carbon Copy Clonerはソースボリュームに関連するRecovery HDボリュームを自動的にアーカイブします。このアーカイブは後で別のRecovery HDボリュームに復元することができます。CCCのディスクセンターは、新規のRecovery HDボリュームをAppleのレガシーファイルシステム、HFS+でフォーマットされたボリュームに作成する機能も提供します。